浅く広くレースシム&スポーツカーを遊び倒す!!

このご時世に車あそび?ふざけんな!明日を生き抜くために必死なんだ! そんな事いったってしかたないじゃない! ってな感じでブログとかを作成します

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜日夜のクラン戦に向けて・・・よんどいてください^^;




* 爆破ミッション
C4設置側と解除側に分かれる。
設置側は相手の全滅もしくは爆破に成功すれば勝ち。
自チームが全滅していなくてもC4を解除されれば負け。
解除側はC4設置前ならば相手の全滅、設置後ならばC4の解除が勝利条件となる。
C4は『5』キーで取り出し、『マウスの左ボタン』を押し続けることで設置できる。
解除するには爆弾に近づいて『E』キーを押し続ける(いずれも初期設定)
ゲームが始まってから「設置キーどれ?」「解除キーどれ?」ではお話にならない。

* スチールモード
いわゆるキャプチャーザフラッグをアレンジしたルール。
それぞれのチームの染料(占領とかけていると思われる)を奪い合うルール。
敵チームの壷の中に入り、自分のチームの壷まで運べば染料奪取成功。
時間内に相手チームの染料をゼロにする、もしくは自チームの染料が多い状態で時間切れになれば勝利となる。

▲ ▼
アサルトライフルの使い方 Edit

弾を外すな
基本的にはキャラクターの中心線に近いところで頭・胴体(心臓付近でも可)・アソコの3分割に当てれば大ダメージか即死に持ち込むことができる。弾を外さない工夫を考えておくことも大切だが、弾の数を戦うときは常にフルに保てるようにできれば不意撃ちもアサルトライフルなら、さほど怖くないです。

タップ撃ち
フルオート(左クリックし続ける)で射撃するとだんだんと弾がバラけるようになる。
精度を維持する為、撃つ時は2~3発毎を目安にちょっとだけ間隔を空けよう。
トリガーコントロールができたら一人前。

スプレー
超近距離で途切れのないフルオート射撃、敵にひたすら銃弾を浴びせ続ける。
適度にばらける為、HSHBなどへのマルチヒットが期待できるかもしれない。
傍目からは急に敵と出会ってただパニックになってるだけにも見えるが気にするな。
なんか違うような気もするが、自分が生きてて敵が死ねばよし。

▲ ▼
サブマシンガンの使い方 Edit

とにかく足を生かして急所を狙え
SMGはARより攻撃力が低いが、軽いという利点がある。
裏取りもしやすいので、隠れてる振りをしながら回り込むという技も使える。
とにかく急所を撃たねば全く意味のない部類。初期武器のMP5は結構強い。

浴びせ撃ち
主に同じ事が書かれてる前項を参照
具体的には、着弾点を相手にかぶせる感じでやるとよい。

▲ ▼
ライトマシンガンの使い方 Edit

フルオート厳禁
装弾数100発!フルオートでガンガン突っ込んでガンガン倒そう!
↑はnoob野郎かランボーの考え。
いくら装弾数100発でもフルオートとなればライトマシンガンのリコイルでは全く当たらない。
さらに致命的な足の遅さがアサルトライフルやサブマシンガンとの撃ち合いでは大きなハンディとなる。
アサルトライフルやサブマシンガン以上に冷静な対処を心掛け、その場その場に応じた撃ち方、回避の仕方を考えられる頭の回転の早さが必要不可欠である。
それ以前にマシンガンは支援火器
仲間がすばやく有利なポジションにたどり着けるように支援してあげよう
弾幕薄いよ!なにやってんの!

止まる。しゃがむ。
大抵の武器でそうだが、止まって撃つことによって集弾率が向上する。
特にMGでは顕著なので重要。
どっしり構えて味方の援護に徹してあげよう。…だって、持ってると動きづらいし

▲ ▼
スナイパーライフルの使い方 Edit

後方支援に全てをかけろ!
スナイパーライフルはとても強力だが、それを扱うのは上級者でも難しい
マップを全て熟知して、照準を合わせる、撃つ、という動作を全て一瞬で行う技能がないと成績は出せない。
尚、ペーパーマンでは総じてキャラクターの耐久力が高い。故に一発で(下手すると二発でも)倒せる確率は非常に低い。
だからKILL稼ぎ目的のスタンドプレイばかりではなく、チームに貢献する「後方支援」を常に心がけよう。
ただ、本当にFPS初心者なら、まずはアサルトライフル等で立ち回り、マップの構成を覚えるのが上達の近道
スナイパーだから強いのではない、スナイパーで本当に強い人は何を使っても強いという事を分かってほしい。
ちなみにゴルゴ13の愛銃はM16です。SRではありません。M4でもM70でもありません。M16です。

芋と言われない為にも
まめにキャンプポイントを変えましょう。あなたにスコアを献上している相手は、
「てめえ芋ってんじゃねえよksg」と、チャットで暴言を吐く言ってくれるかは状況に依りますが、
殺られる度にどっから撃たれたか、どこにいるかは学習して、あの手この手で貴方をぬっ殺そうとするのは間違いありません。
また、味方はリスポンする度に「まだやってんのかよksg!」と思っているでしょう。これも間違いありません。

▲ ▼
スナイパーライフルとの戦い方 Edit

ポジショニングショットの特性を知ろう

添付絵1を参照

普通スナイパーはこのようにして、敵が来るであろうポイントを予測して壁ギリギリに照準を置いて敵が来るのを待っている。
絵が汚いのは気にしないで欲しい。

添付絵2を参照

こんな風にAR持ちなどが壁からチョイと顔を出してスナイパーと対峙するのはまさに愚の骨頂。
芋野郎の格好の餌食となるだけである。

添付絵3を参照

なのでこの図のようにジャンプ等を使って大胆に飛び出れば、スナイパーに画面をドラッグせざるを得ない状況を作り出す事が出来る。
更にスナイパーの焦り等から初弾を外させる可能性も出てくる。
こうしてほんの少しでも時間を稼ぎ、芋野郎の額にアサルトライフルの銃弾をヒットさせる。
スナイパー対スナイパーも同じである。
先に照準を置いた方が有利ではあるが。

▲ ▼
ショットガンの使い方 Edit

出会い頭に急所をバーン!
これで離れすぎてなければ大抵死ぬ

ジャンプ撃ち
横並行移動+ジャンプで最大限の回避運動を行いつつ、
こちらからはジャンプの頂点で最大限の銃撃を叩きこむ。以下繰り返し。相手は死ぬ。
閉所では猛威を振う。超近距離かつ集弾関係ないショットガンだからこそできる技。

▲ ▼
ハンドガンの使い方 Edit

基本は急所狙い
ペーパーマンのハンドガンは総じて弱く、他のFPSのようにスナイパーの頼れるセカンダリにはならない。
唯一マシな威力を持っているDE、COLTですら急所一発で倒せるか倒せないかの威力である。
なので近づいてきたAR持ちを沈めるにはより冷静な対処が必要になる。
基本的には首のあたりを狙おう。

困った時のセカンダリ
お互いにメインの残弾を撃ち切ってしまった時は、相手をハンドガンで追い打ちしてみよう。
貴方が相応のエイム力の持ち主であれば、恐らくリロード中であろう相手は成す術もなく死んでくれます。
互いに撃ちきった時点でハンドガンで死ぬぐらい削れているのがミソ。
…文章にすると簡単だが、リロード動作が終わる前に殺さねばならないので結構難しくもある。

残弾に気を配ろう
ハンドガンはもともとの装弾数が少ないため、特に弾切れが顕著です。
たとえば、
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2723369
↑の動画で0:28ぐらいに登場する着ぐるみの彼彼女、
12発を撃ち尽くしたのに気づかないまま、リロード中をロリに狩られている。
撃った数を把握する癖をつけておきましょう。
特にG18など、調子に乗って連射してると痛い目に遭います。

▲ ▼
ナイフの使い方 Edit

とりあえず切るのはやめよう
闇雲に振り回しても当たるわけがない。敵の赤い外枠をよく観察してみよう。
お気づきいただけただろうか・・・?なんとナイフの射程内に入ると外枠が黄色になるのだ!
芋スナに背後から忍び寄り、外枠が黄色になった瞬間ハートブレイク!気分は必殺仕掛け人!

※最後の行はフィクションです。古城でMP40と暮していたあなた、また古城の田舎に戻られたらいかかですか?
▲ ▼
困った時・その他 Edit

撃ち合ってたら弾がなくなっちゃった
座して死を待つのは美徳でもなんでもないぞ!
相手の隙をついて一刻も早くその場から逃げ去るか、リロードが終わるまでなんとか耐え抜くのだ!
絶望的な状況でも精一杯の悪あがきをしてから散ってやろう。

* 跳ねる
ただのジャンプである。
左右の動きに対応できても上下の振れに弱い人はざらにいるので結構有効。
PMのジャンプは特にデメリットが設けられていないため連続で繰り出せるのも大きい。
ただし唯一の欠点として、ジャンプ中は射撃の精度が落ちる。
普段の撃ち合いからぴょんぴょんするのはあまりお勧めしない。肌が触れるほどの近距離なら話は別だけど。

* 横向きになる
ペーパーマンはペラペラだ!
横を向くことででツェペリのおっさんみたく投影面積?を最小にできるのだ。…波紋は練れないけどね。
先のジャンプや左右移動と組み合わせて攻撃を華麗に回避!その間にリロードだ!
でも、「当然ながら敵の方を見ることができない」という致命的な欠点が…

* セカンダリを抜く
一か八かの最後の手段。もう前の方の項に書いてあるけど。
これができるのは相当の自信がある時か、マジで弾がない時に限られると思うの…

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

BGM的なもの
最近のなう!
故ロドスタとか走行会とか
 
クロック
 
 
アクセスカウンター
 
 
アクセス分析

ジオターゲティング
 
 
プロフィール
クリックなう!

ぐっどすぴーど@れんず

Author:ぐっどすぴーど@れんず

 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。